無店舗は働きやすい | お金がたくさん必要?そんな時は風俗求人に挑戦してみましょう menu

無店舗は働きやすい

海を見ている女性

堺などの歓楽街で実際に店舗を構えて営業を行っている風俗店のことを、店舗型風俗店と呼びます。
この店舗型風俗店は求人の選択肢が多いというメリット、そして身バレが発生しやすいというデメリットが存在しています。
では店舗型風俗店とは違い、店舗を構えずに営業を行っている無店舗型風俗店にはどういったメリットとデメリットが存在しているのでしょうか。
ここでは無店舗型風俗店のメリットとデメリットについて簡単に紹介します。

まず無店舗型風俗店のメリットは身バレの発生しにくさです。
無店舗型風俗店というのは、歓楽街だけでなく一般的なオフィス街やその近くにあるような一般的なビルなどに待機用の部屋を借りており、仕事が入るまではその場所で待機をしています。
したがって、店舗型風俗店のように見ただけで分かる風俗店の中に自分から入っていく必要はありません。
そして仕事になった際にも、ビルから外に出て店舗が用意した送迎車に乗って移動をする事になるので、どこで何をしているのかというのが非常にわかりにくくなっています。
こういった理由から身バレが比較的発生しにくく、非常に働きやすいというメリットが有るのです。
そしてデメリットですが、求人の選択肢が店舗型風俗店と比べて比較的少ないという点があります。
無店舗型風俗店にも多くの店舗が存在しているので、求人の頭数自体は存在していますが、店舗の種類という面で見るとそこまで多くの店舗があるわけではないので、仕事の幅という麺で見ると店舗型風俗店と比べて少々少ないという難点があります。
以上の点が無店舗型風俗店のメリットとデメリットの簡単な紹介になります。